« ホバリンカワさんその6 | トップページ | 黄色に♀カワさん »

2005.12.08

ホバリンカワさんその7

 在庫をごそごそ。
 ホバリングしているカワセミ、その7。

2005_12_08_dpp_2200px

Canon EOS-1D Mark II
Adobe Photoshop CS2 Windows
露光時間 : 1/1000 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2005:10:23 08:42:59
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)


 写真的には、顔は出ていないし、バックも抜けてるわけではないですね。でも、空中に摩訶不思議に静止したカワセミが、懸命に魚を探している姿が、好きです♪
 もちろん、ぽわーんと前を見つめて、顔をしっかり出してくれている写真も大好きです。(^^;

 今日は思い立ったが吉日、上司よりも後輩よりも早く、ささっと退社。プリンタを買ってきました。
 冬ボーナスの散財はこれで打ち止め。というと、堅実消費のように聞こえますが、カードでもう使い果たしていたりなんかして、、。

 それにしても、電脳関係の短時間での進化には、もう呆れてしまいますね。
 以前使っていたプリンタも、まずまずきれいな画質で不満は無し、と思っていましたが、今度の何気なく買ったプリンタで印刷した写真を見ると、今まで一体何をしていたんだろ?と思ってしまいます。きれい。

 かりっとした感じはもちろん、長玉レンズの甘い雰囲気も、L版で再現してくれます♪ でも、モニターとの色違いは相変わらずだったりします。これはモニターの色設定もありますから、一概にプリンタの問題ではないのでしょうね。

 粒状感は、ゼロではないですが、ビフォーアフター、ますます少なくなっています。
 以前のプリンタより画質が良くなることは期待していなかったので驚き。でも、一番期待していた印刷速度が、体感ではおーんなじだったのも、ちょっと驚き。(^^;
 エプソンさんは印刷速度は、常にキヤノンさんに一歩下がってその影を踏まず、といったところなのかな?(すみません、キャノンプリンタ使ったこと無いのにこんなこと書いてます。)

 さすがに2時間では顔料インクの耐久性(耐候性?)がどうなのか、さっぱりわかりません。(笑) そもそも、印画が劣化したら、デジタルなんだからまた印刷すればいいよね~、と思っていますので、そのあたりは脳天気にノーマークです。(あぁ、こういうユーザーがメーカーをがっかりさせる。)
 でも、顔料インクって耐候性だけでなく、ほんとはこっそり画質に大いに貢献? ピアゾヘッドなんて関係ない??(←さらに無責任な暴言)

 すみません、以前のプリンタ=エプソンPM-950C、今度のプリンタ=エプソンPX-G920です。キャノンも気になりましたが、新しいことを覚えるのが億劫な年頃でしょうか、またエプソンを選択した次第です。(^_^;)

|

« ホバリンカワさんその6 | トップページ | 黄色に♀カワさん »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホバリンカワさんその7:

« ホバリンカワさんその6 | トップページ | 黄色に♀カワさん »