« 翡翠カワさん | トップページ | ぱたぱたカワさん »

2006.02.22

これくらいのお魚がいいね、カワさん

 タイトルは、、カワセミさんへのお願いになっていますね。(^^; (でも、生きるためです、無視していいのよ、カワセミさん。)

2006_02_22_2350px

Canon EOS-1D Mark II
現像はDPP。
Adobe Photoshop CS2 Windows
露光時間 : 1/500 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
画像撮影日時 : 2006:02:19 10:58:54
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)
トリミングは横3504→2350px、あと800。

 ひたすらに魚を捕って生きていくカワセミ。ときおり「そんな大きい魚を飲み込めるのかぁ!」と、びっくりするほど大物を捕りますが、いまだかつて、魚を叩く途中であきらめるシーンは見たことがありません。
 水中から水面に出た瞬間に落とす(落としてしまう?)ことはあるようですが、この時に大きすぎて無理だと判断しているのかもしれませんね。

 さて、トリノオリンピック。カーリングのお嬢さん達も頑張りましたが、ショートプログラムを滑りきったフィギュアの三人、すごい。
 安藤選手は出発前から一番注目されていましたね。高校生なのに大変。自分の娘と5歳しか違わない。メダルは意識せずにすみそうですから、フリーでは気楽に伸び伸び滑ってね。おじさんは、そういう眼でみちゃいます。
 村主選手、後半の力強い動き、びっくり。まさに「情熱」を演じきってくれました。
 荒川選手、一位の選手に負けないオーラが出ていませんでしたか!?

 頑張っている人達から勇気を貰えますね。
 野生に生きて、♂♀仲良くなって、自分のためだけでなく捕食するようになるカワセミ。ファインダーをとおして垣間見るその姿も立派です。人と鳥獣は違う、と思っても、関連づけてしまいます。
 頑張るとか野生の力強さとか、やっぱり本能なのかな。でも本能が少し形を変えたとき、より感動を貰えるのかも。

|

« 翡翠カワさん | トップページ | ぱたぱたカワさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これくらいのお魚がいいね、カワさん:

« 翡翠カワさん | トップページ | ぱたぱたカワさん »