« いないいないカワさん | トップページ | 2008年のはじまり »

2007.12.20

いなくなった♀カワさん

 この♀がいなくなって、とても痛いです。

2007_12_20

Canon EOS-1D Mark III
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 3.0.13.2
露光時間 : 1/1000 (秒)
レンズ F 値 : F5.0
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2007:10:21 08:56:33
レンズの焦点距離 : 500.00 (mm)

 先週はこの♀がいませんでした。
 お盆以降に巣立った個体達がばらける時期なのでしょうかね。
 10月頃は、まだ巣立って2ヶ月弱。若同士がはっきりしない縄張りを思い思いに主張している時期だったように思います。とにかくあちこち飛び回って、カワセミ特有の鳴き交わしをしては、また自分の縄張り(のつもりの場所)に戻る、そういうペースだったのでしょうね。
 今思うに、この♀が、他の個体が侵入するたびに鳴いてくれていましたから個体数も多く感じましたし、どこに大盛り太郎や侵入くんがいるのかの見当がついていたように思います。
 この♀がいないと、大盛り太郎がいてもただぼけーっと、鳴かずに拍子が抜けたように留まっている、そんな感じのフィールドの先週末でした。
 どんどん変化します。

|

« いないいないカワさん | トップページ | 2008年のはじまり »

コメント

この子は新天地を求めて旅立ってしまったのかな?
条件が変わらなければいなくなった子のこの代わりに
違う個体が入ってきてもおかしくないですね。
ゆっくりと時間をかけて探せば必ず良い個体に出会えると思うので頑張って探してください。

完全水面バックでスッキリとした背景のトビモノ綺麗です(^^)
しばらくの間はフィールド探しみたいなのでゴーヨンゴの画が沢山みれそうですね。

投稿: O.S | 2007.12.21 06:29

 確かに、カワセミのある個体がいなくなっても、必ず他の個体がその代わりを務めてくれるようになりますね。ちょっとやるせない気持ちにもなりますが、カワセミが確保していた場所はそれだけ餌が豊富で、その個体がいなくなってもすぐに別のカワセミがそのポジションを確保、の図式なのでしょうね。
 この冬は流浪の民を覚悟かな、。あぅあぅ~。

投稿: mik | 2007.12.24 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いなくなった♀カワさん:

« いないいないカワさん | トップページ | 2008年のはじまり »