« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.30

きらきらカワさん

 ちょっとピンアマゆえに、かりんこりん星画像~。

2007_01_30

Canon EOS-1D Mark III
#N/A ← Adobe PhotoShop LightRoom
露光時間 : 1/1250 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2007:11:03 12:03:57
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 こんど晴天時に撮りに行けるのはいつだろう。春を待つか、。

 ドラマ「薔薇のない花屋」もすんばらし~。初回は、もう観ない・・、と思いましたが、先週の放送をふと観るとハチクロの青春物とも違って、うるうる。
 自分自身が画面のすみっこに参加していても不思議じゃない、青春物とは違う親近感があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.29

慎重カワさん

 隣のフィールドに侵入してきてあたりをきょろきょろ。

2008_01_29

Canon EOS-1D Mark III
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 3.0.13.2
露光時間 : 1/640 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2007:11:11 07:55:03
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 今日は録画ではなくリアルタイムでハチクロを視聴。
 森田を演じる成宮くん、光ってますね♪ 彼はただものではないですね。 あたふたの雰囲気を出す竹本との対比、いいなぁ。
 山田へシンパシーを感じる輩、きっと多数派♪ 「波の数だけ抱きしめて」(1991年←結構最近?)の松下由樹さん演じるところと共通してます~。

 このボロブロもいつの間にやら三年。ゆっくりと、カワセミ撮れるところまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.27

捕食カワさん

 じーっとして、飛び上がって、どぼんと飛び込んでしゅぱぱぱ~。
 今度の週末も撮りにはいけないです。

2007_01_27

Canon EOS-1D Mark III
#N/A (これもAdobe LightRoomだったっけ?)
露光時間 : 1/1250 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2008:01:06 12:40:17
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 想像してみるわけですが、どうして飛び込んで魚が捕れるのでしょうね? 
 水面に近づいた時点で魚が逃げてしまうように思えるのですが。しかも水面突入後も、水中を泳いでいる魚を嘴でつかむとは、、神業だなあ。

 キヤノンから800mm F5.6Lなんてレンズが5月に発売。お値段は・・円表示なのかリラ表示なのか目がかすんでよくわからない。(/--)/ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.24

恋するカワさん

 ぼちぼちそういう季節。
 この♂、30mくらい先の♀を見つめています。真っ正面ではなく、左45°くらいで見つめているのが微笑ましい。
 正面を向いた途端、飛んでいきましたとさ。(^^)

2008_01_24

Canon EOS-1D Mark III
Digital Photo Professional
露光時間 : 1/400 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2008:01:19 12:18:26
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 ドラマ、「ハチミツとクローバー」を録画で観ながら青春してます♪
 先日の「キャッチアウェーブ」もそうですが、青春ものっていいですね。恋する相手との距離間だとか、自爆してしまう自分自身とか、、切ないですね。(涙)
 つい昨日まで若造だったはずなのに突然おじさん扱いされる今の私。(浦島太郎の新解釈か!?)
  そんなおじさんな私は涙しながらも落ち着いて青春ドラマに拍手出来るようになりました。
 以前は切ない純情ドラマなんて観るのは嫌でした。観ても怒ってました。「そんなわけないだろ! 記憶喪失なおっさん達に何がわかる! 馬鹿にするんじゃねー!」って。
 いつの間にかにこにこ楽しんでいる私。
 BGMはDEPAPEPE meets ハチミツとクローバー♪ "Night & Day " (ぽよよーん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.22

水面カワさん

 考え込んでいるなぁ、とぼんやりしていると突然飛び出し。

2008_01_22

Canon EOS-1D Mark III
#N/A ←Adobe LightRoom
露光時間 : 1/800 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2008:01:19 11:44:51
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 この日、行方不明の♀を発見。以前よりも下流で縄張り確保していました。昨年生まれの若達、ごちゃごちゃだった縄張りもすっきりしたようです。

 若といえば、青春ドラマ。(^^;
 DEPAPEPEつながりで「キャッチ ア ウェーブ」♪をDVDで観ました。各場面でDEPAPEPEの音楽を映像付きで楽しめます。
 楽しく観ましたが、主人公の三浦春馬くん、加藤ローサのファンだとか、何かきっかけがないとオススメとは・・(言いづらい)
 この映画、サーフィンを扱っていますが、同じくサーフィンをベースにした「ビッグ・ウェンズデー」(米 1978年)。観た当時、「金を返してくれぇぇ!」と叫びたくなりましたが、今思えばなかなかすごい。そう言えば初めて一人で見た映画だったかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.16

すたたたカワさん

 水面を飛んでいるときは%タイトル%な感じです。
 じーっと考える→突然すたたた→じーっと考える→(後、ループ。実際には「カメラマンが物欲談義を始める」とか、「カメラマン眠り始める」などが、適当に間に入ります。)

2008_01_16

Canon EOS-1D Mark II
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 2.0.15.0
露光時間 : 1/100 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2005:11:27 07:26:15
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 返す返すもこのフィールド、この個体には(「も」が正か、)お世話になりました。
 こちらのフィールドも(「も」が間違いなく正)出撃時にカワセミフリークな皆様にお世話になりました。('-')
 そういえば、この個体はあまり鳴きませんでしたが、今思うに、それはこのポジションは彼の縄張りの真ん中だったらかな、と。
 最近のフィールドで複数の個体を観察していて気がつきましたが、自分の縄張りのセンター付近ではあまり鳴かない、他の個体の縄張りかもしれないところまで行くと突然鳴きだす、鳴きながら飛んでいる、そんな感じなのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.14

蔓カワさん

 体重は軽めとはいえ、頼りなさげな枝や茎に留まります。

2008_01_14

Canon EOS-1D Mark III
#N/A ←Adobe LightRoom 1.3
露光時間 : 1/125 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2007:11:11 12:45:27
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 今日は成人の日でした。この日になるとお正月もほんとに終わり、って気になりますね。
 自分自身の成人の日は、どうしてたっけかな。市町村による行事には出席してないな、住民票がその頃は岡山市だったです。友人もいないので出席は見送りました。
 その頃は毎日がじりじりと落ち着かず、何かをやりたいのかわからず焦っていました。
 やりたいことが思いつく今の方がずっと若々しいのかもしれません。執着する気持ち、強さはその頃にはかないませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.12

うなずきカワさん

 縦方向回転軸位置!

2008_01_12

Canon EOS-1D Mark II
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 3.0.15.3
露光時間 : 1/15 (秒)
レンズ F 値 : F8.0
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2006:12:23 12:26:46
レンズの焦点距離 : 840.00 (mm)

 似たような画像をアップしたはず、、、と探してみたら、06年8月15日にも。
 人間がくしゃみをするときとおんなじで、縦であれ横であれ、何かぷるぷるとするときは必ず瞬膜。(人間は瞬膜でなく目を閉じてますが。)

 昨晩は久しぶりの従兄としっかり飲みました。親族ですし物心ついたときから記憶にある従兄ですが、お互いに子供とはもう言えない(^^;年齢に。
 今晩は関東時代から知っている後輩夫妻のお家でたくさん食事と飲み物をいただきました。小学生の僕ちゃん達の可愛いこと。

 明日も家の中でごそごその日曜日となりそうです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.10

留まってるカワさん

 カワセミの声を聞く→すかさずその方向を双眼鏡でのぞく→カワセミが留まる→そこまで機材をかついでダッシュ→近づきすぎてカワセミを飛ばして、「あー、飛ばしちゃった」、と思う。
 かなり自由人的カワセミとり撮りです。(ほんとは一人でちょっと寂しい)

2008_01_10

Canon EOS-1D Mark III
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 3.0.15.3
露光時間 : 1/640 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2008:01:06 10:05:19
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 今月の放送の「のだめカンタービレ」(ドラマ)を録画で観ました。楽しく観ることが出来ました。青春ものとはちょっと違うのでしょうが、爽やかでグー。上野樹里さんも素敵だけれど、玉木宏の二枚目半の熱演もグー。
 男の私からすると女子はやっぱり可愛いのだけれど、最近は、男の頑張りってすごいものだな、女子が男子に惚れるのもわからんではないな、と感心します。
 (以下、昨日と同じになりそうなのでとりあえず省略~)(^^;

 今週末は残念なお天気の様子。出撃は難しいそうです、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.09

忙しカワさん

 先日、日曜日に今年のカワセミとり撮りスタート。
 せっせと動くカワセミ、ついていくのが精一杯。

2008_01_09

Canon EOS-1D Mark III
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 3.0.15.3
露光時間 : 1/1250 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2008:01:06 12:40:35
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 現像の追い込み、もすこしガンバかな、いかんなー。青空を映す水面、難しいです。

 「ハチミツとクローバー」というドラマが始まりました。第一回の放送を観ましたが楽しかったです。主人公の成海璃子さんはもちろん素敵、でも、名前はさっぱりわからないけれど軸となる男子3名、「いいぞいいぞ、共感出来るぞ、おまえら気合い入れて頑張れよ!」って感じです。(^^)
 ドラマをそれなりにシリーズで見たのは「東京ラブストーリー」が最後。家電も発達したこの頃、ハチクロをHDDレコーダにしかと録画して、観てみようと思います。
 東京ラブストーリーは、今調べてみると1991年の三ヶ月間だけのドラマだったようですね。半年くらい観ていたような錯覚があります。
 東京ラブストーリーよりさかのぼると、「スチュワーデス物語」と、ご存知「ふぞろいの林檎たち」。特に「ふぞろい・・・」の方は熱く語れそうだと思いきや、ダメだ、登場人物もろくすっぽ思い出せない~。胸キュン(え?死語?)に苦しくなる感覚だけが残ってます。
 ハチクロの成海璃子さんって15歳なんですね。うーむ。
 以前にもこのボロブログで登場しているギターデュオのDEPAPEPE、彼等がアニメ版のハチミツとクローバーの音楽を担当していたそうで、そこからハチクロの存在をぼんやりと知りました。映画版もあることを知って、映画を観てみたいなー、と思っていた矢先にドラマの開始。これも何かのご縁でしょう。

 ひとつ年上の従兄弟から電話あり。こちらへ出張の機会があり、今度の金曜日に会えるとのこと。また少し感傷に浸れそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.01

2008年のはじまり

 旧年中のご来訪、どうもありがとうございました。
 本年もよろしくお願いします。

2008_01_01

機種名 : Canon EOS-1D Mark III
Digital Photo Professional
露光時間 : 1/500 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2007:11:10 08:01:46
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 今年はフィールドでどんなシーンに出会えるかな。
 3月~4月の繁殖の季節が楽しみです。うまく巣立てば今よりもたくさんの鳴き交わしの声が聞けるでしょうね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »