« 捕食カワさん | トップページ | きらきらカワさん »

2008.01.29

慎重カワさん

 隣のフィールドに侵入してきてあたりをきょろきょろ。

2008_01_29

Canon EOS-1D Mark III
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 3.0.13.2
露光時間 : 1/640 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2007:11:11 07:55:03
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 今日は録画ではなくリアルタイムでハチクロを視聴。
 森田を演じる成宮くん、光ってますね♪ 彼はただものではないですね。 あたふたの雰囲気を出す竹本との対比、いいなぁ。
 山田へシンパシーを感じる輩、きっと多数派♪ 「波の数だけ抱きしめて」(1991年←結構最近?)の松下由樹さん演じるところと共通してます~。

 このボロブロもいつの間にやら三年。ゆっくりと、カワセミ撮れるところまで。

|

« 捕食カワさん | トップページ | きらきらカワさん »

コメント

良いトマリモノですね~♪
朝の光がちょうど強めになってきた所を高めのSSでパシャリ!
このくらいのSSだとオールマイティーに使えるのでいいですよね。
トマリモノにトビモノにホバ~♪私の好きなSSです。
最近ずっとMK2の画像を再現像しています。
やっぱり良い色でるし、仕上げの追い込み方によって良い雰囲気の画が出来上がりますね。
ま~、S5Proみたいに何もしないですむのが一番楽チンなんだけど…。
ニコンで風景をまともに撮ったことが無いので今度挑戦してみようと思ってます。
その前に短いレンズそれいないといけないな~。

投稿: O.S | 2008.01.30 06:33

 DMk2のISO100は、やはりすごい、四年前だったことを思うと伝説? DMk3は確かに進化しているし結局こちらを使うのですがなんだか私などが知らないレシピによる香辛料(注:決して悪くない、実際ナイス♪なのですが)が混じっているように思います。
 Mk2のRAW(ISO100に限る)は感覚の芯に残ってます。その点、Mk3だとISO200だろうが何だろうが新たな色彩感覚とコントラスト、粘り&階調感(←これはISO100のメリットあるしMk2にも勝る気がする)がそのMk2の感覚を勢いで忘れさせようとする、そんな感じです。
 連写時の感覚、「被写体を見つめ続けよ!」とミラーが跳ね続ける恍惚感、これはMk3の圧勝。で、私としてはちっともホバホバの連写感を味わえていないこの頃です~、というオチだったりします。(^^;

投稿: mik | 2008.01.30 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慎重カワさん:

« 捕食カワさん | トップページ | きらきらカワさん »