« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.29

レンゲ

 住まいから近く、小さな田んぼにて。
2010_03_29

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Adobe Photoshop CS4 Windows
露光時間 : 1/400 (秒)
レンズ F ?? : F2.8
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/03/28 15:18:02
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)


 花マクロも、いくら撮っても飽きないですね。ごく身近なのに花自体がとっても神秘的ですよね。
 実家の庭にはいろんな植物が植わっていました。今はその大半がなくなってしまいましたが、庭のどこにどんな花が咲いていたか、よく覚えています。ちょっと切ない気もします。マサキ、キンマサキ、ミツバアケビ、本アケビ、柿、桃、サンショウ、木蓮、金柑、木瓜、ツゲ、夏ミカン、山茶花、椿、牡丹、シャクヤク、ライラック、千両、万両、ユキノシタ、アサガオ、松葉ボタン、水仙、チューリップ、エトセトラ、エトセトラ。
 ひからびた蛙やトカゲ、なんだか芸術的な格好でしたが、それがモズのはやにえだと父から教わりました。でも、当時、そのモズが一体どんな鳥なのか図鑑をみてもちっともぴんと来なかったです。昆虫や草花、動物にどんなに興味がわいても、鳥というのは手にとってみることが出来ないためか、とても縁遠い生き物に感じていました。
 その父が、「カワセミ、それはそれはきれいな鳥だ。」と教えてくれました。40年前ですね。その言葉がずっと頭のどこかに残っていた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.28

見ていたカワさん

 こ、こんにちは。
2010_03_28

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Adobe Photoshop CS4 Windows
露光時間 : 1/160 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2010/03/27 15:33:08
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)


 春ってこんなに寒かったっけ?と、思ってしまうこの頃。でも、確実に春は本番に向かっているのでしょうね。
 カワセミ達は給餌も始まったようです。個体もかなり入れ替わりました。
 さて、明日からまた一週間の始まり始まり。頑張らなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.22

オオイヌノフグリ

 野に咲く小さな花。春になれば、どこでも見かけることが出来ますね。

2010_03_22

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Adobe Photoshop CS4 Windows
露光時間 : 1/400 (秒)
レンズ F 値 : F4.0
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/03/22 10:32:01
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)


 暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、今日のフィールドは寒かったです。寒がりの私は真冬と同じ厚着をしていました。
 でも、日射しの角度はずいぶんと日中は高くなりましたね。足元の影が短いです。
 昨日、今年初めてツバメを見ました。小さな体で今年もよくぞやってきたものです。もちろん、カモだってツグミだって渡りの鳥は少なくありませんが、ツバメは身近なところで巣を作るので、より親近感が湧きますよね。
 今年も巣から溢れそうな雛たちにあえるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.17

育ったカワさん

 DMk4試し撮り。逆光になりつつある午後の撮。

2010_03_17

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Adobe Photoshop CS4 Windows
露光時間 : 1/800 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2010/03/17 13:06:05
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)


 ほんぐさんの掲示板に、やはり同シリーズの画像をアップさせていただいています。
 さほどの川幅ではないとはいえ、向こう岸のカワセミも、ピクセル等倍で現像していると、なんだかハトみたいな大きさに感じます。
 今まで自分が使ったことのあるカメラはDMk3の1000万画素どまりでしたから、ちょっとびっくり。7Dや50D、Kissはもっと大きいはずだなあ、。
 DMk3からDMk4への大きな違いは、この画像の大きさかと。
 以下、3をベースに4での印象です。

 ファインダーやコマ速も同じなので操作には全く違和感なし、と言うか、操作の違いによるわくわく感は味わえませんでした。ミラーの跳ねる音が少し違うような気がします。ボタン類が3では堅めでしたが、4は柔らかくなりました。AF-ONボタンが押しやすくなったのは有り難いです。(私は今はストップに割り当てなので、押している時間が長いんです。)

 AFですが、良くなりました。ただ、カワセミの水絡みなど、動きものを撮るには、とにもかくにもど真ん中で抑える、抑え続けなくてはいけないことに、変わりありません。これを今日は特に痛切に感じました。
 止まりものに対してAF精度が良くなりました。私的には、「格段に」、と思えます。あまりここを強く言うと、前がひどかったのか、とか、4では外さないのか、とかなってしまいそうですが、そこは斟酌してくださいませ。(^-^;
 もちろん外れるときは外れますし、しっかり抜けます。4になって抜けづらくなったとは感じませんでした。
 ただ、遠くなければ、AF合焦したあとは、マニュアルで調整しなくちゃいけないかな? という不安はなくなりました。外れていれば仕方がない、と思えます。
 動きモノに対しては、以前が、例えば0.1秒前のAF位置でレリーズされていたとしたら、今回は、例えば0.05秒前でレリーズされる、もちろんイメージ的な表現ですが、そんな感じです。食いつきがよくなったというよりは、俊敏になったのかな?
 今回、期待していた45点の領域拡張は、次々とAFエリアが移っていって、すごいと思いましたが、最初の合焦でカワセミでなく水面をとらえてしまうと、直後にカワセミを真ん中にとらえても、かえって水面から戻って来づらいようです。最初の合焦をカワセミに確実に持って来れれば、この設定も生きるかも。
 領域拡張するにしてもしないにしても、45点AFにしても、サギくらいの大きさ、速さの飛翔に対しては、精度向上をすぐに実感出来ると思います。

 画質ですが、ISO800までは3と大きな違いは無いような気がします。(すみません、かなりいい加減。)もちろんRAWでNRは全てオフで。1600とかは良くなっているのかも? NRを入れての比較とかJPEGとかだと違うかも?
 今日撮った限りですが、細かく言うと、200は良くなったような気がします。100は、うーん、3より良くなっているというわけでは・・・(以下省略)
 彩度がちょっと高くなったかな。

 目玉のはずの動画は、、、どこのボタンを押したら撮影が始まるのかわかりませんでした。

 そうそう、液晶は、確かにピントチェックが楽になりました。

 以上、あくまで当方の、今日使ったところの、勝手な感想です。
 今度は壊しませんように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.15

見送るカワさん

 なんと、DMk3が壊れました。DMk3最後のカワセミ画像となりました。

2010_03_15

機種名 : Canon EOS-1D Mark III
SILKYPIX(R) Developer Studio Pro 4.1.30.0
露光時間 : 1/125 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2010/03/02 10:16:13
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)

 同じシリーズ画像でISO違い、DPP→CS4の画像をほんぐさんの掲示板にも投稿させていただいていますが、。

 いつものフィールドに出向こうと、コンビニで買い物中のこと。
 コンビニの前の自転車置き場に自転車を置いていましたら、自転車置き場であることに気がつかなかったのか、自動車が自転車に接触し、玉突きで私の自転車も機材ごと転倒。目撃していた人の話によると、あっという間に自動車は去っていったとのこと。
 自分自身が自転車で転ぶこともあろうかと思っていましたので、レンズにはそれなりに気を配りウレタンの緩衝材などで保護していましたが、結果、カメラへの配慮は十分ではありませんでした。
 レンズの三脚座のリングにストラップを取り付ける金属の「耳」のようなものが1cm程度出っ張っていますが、転倒時の衝撃で、その部分がカメラを強く圧迫しました。
 レンズは全く問題なかったものの、カメラは背面液晶が蜘蛛の巣状に破損し、マグネシウムの筐体も2mm程度陥没。
 修理見積もりを依頼したところ、あと3万円足せば5DMk2が買える金額でした。CMOSが破損していたわけではないものの、位置精度確保のためにCMOS交換せざるを得ず、それに11万円なのだそうです。
 修理を見送ることとし、思い切ってDMk4を購入しました。「DMk4は見送る!」という強い気持ちをもともと持っていたらばDMk3を修理して引き続き使っていたと思いますが、、。出費もさることながら、私に浮気心があったための出来事のようで、なんだかDMk3に申し訳ないです・・。

 DMk3は、画素数の点では、Kissや二桁Dシリーズに比べると見劣りしてはいましたが、撮影の楽しさ、低ISOのさらさらした画質、本当に良いカメラと思います。DMk2も良かったですが、3の画質からすると、RAWの低ISOでも明らかにNRが入っていることがわかり、個人的には、メイン機としてはちょっと戻りづらいように感じています。(でも、大事に持っていますし、また使いたいですよ♪)

 今度の4は大切に使わねばなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.08

マーチのカワさん

 3月画像ですが5年前、。結構前ですね。今のフィールドと同じような細い枝です。

2010_03_08

機種名 : Canon EOS-1D Mark II
SILKYPIX(R) Developer Studio Version 1.0.12.1
露光時間 : 1/640 (秒)
レンズ F 値 : F7.1
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2005/03/27 13:53:13
レンズの焦点距離 : 700.00 (mm)

 ハリソン・フォードが主演の「K-19」という映画をレンタルで観ました。ソビエト連邦時代を舞台にした潜水艦ものです。渋いというか、地味ですので、おすすめするには気が引けますが、なかなかずっしりとした映画でした。

 この映画とは関係ありませんが、20年近く前、ソ連邦の崩壊には、ほんと、驚きました。
 学生の時、ある先生が「ソ連は崩壊するぞ。理論的にそうなる。」と言っているのを聞いて、そんな馬鹿な、と思っていました。その話しを聞いたのが大韓航空機撃墜事件が起きた頃ですから、まさかあの超大国が、と。
 また、それぐらい驚くようなことが、これからもきっとあるんだろうなあ。オリンピックで日本が金メダル獲得数で、世界一になるとか、そんな風な素朴に喜べるニュースでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

ホトケノザ

 2月の中頃以降、寒い日が続いたので、最近の暖かさにほっとします。

2010_03_05

機種名 : Canon EOS-1D Mark III
SILKYPIX(R) Developer Studio Pro 4.1.30.0
露光時間 : 1/320 (秒)
レンズ F 値 : F4.5
露光制御モード : マニュアル設定
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/02/28 16:06:57
レンズの焦点距離 : 600.00 (mm)
(with エクステンションチューブのごついほう)

 マイクロフォーサーズ規格でオリンパス・ペンというカメラがありますが、昨年来、次から次へと発売されるので、CMを見るたびに私は混乱してしまい、「この前発売したのは、、、あれはだったんだっけ?」とか「最近、ますます月日が経つのが早く感じるなあ。加齢現象かあ。」とか思ってしまいます。
 調べてみると昨年の夏に、まず、E-P1。この冬にE-P2。そしてこの春にE-PL1。なんとまあ、矢継ぎ早に投入したものです。
 コンパクトデジカメから写真に興味を持った方は、従来の眼デジよりもこちらに進んでいくのかもしれませんね。
 オリンパスやペンの名称の響き、眼デジのごつさとは違うすっきりデザイン。うーん、ヒットしそう。P1、P2、PL1のどれがいいのか迷いそうですが。
 デジカメの宣伝に女優さんの起用が目立ちます。このペンは宮﨑あおいさんですし、フジのFinepixは柴咲コウさん。他にもいたと思いますが、えとえと、パナソニックのLUMIXが樋口可南子さん。皆さんおきれい。
 宮﨑さんのペンでのお姿は、今までの、ご近所の親しみやすい娘さん風のイメージではなく、ずいぶんと洗練されたモデルさんのような雰囲気。ペンのイメージ作りに大いに貢献されてます。
 ますます脱線しますが、カメラCMと女優さんといえば、、そう、宮崎美子さんにトドメを刺しますね!! 宮崎美子さんは今でもクイズ番組に出ておられますし、映画だと時代劇の「雨あがる」で宮崎さんならではの暖かな雰囲気、よかったですー。

(ホトケノザはどこに行った?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »