2011.03.01

ミツマタ

 7年前の春。
2011_03_01
機種名 : Canon EOS 10D
露光時間 : 1/180 (秒)
レンズ F 値 : F5.6
ISO 感度 : 400
画像撮影日時 : 2004/02/29 10:27:02
レンズの開放 F 値 : F2.8
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)
露出モード : オート
ホワイトバランス : オート

 exifで当時の自分の撮り方がわかっておもしろいですが、この頃はピントばかりに意識がいっていたようです。
 この木が今、お世話になっているカワセミフィールドに一本だけあるのですが、残念、ちっとも留まらない。

 今日、卒業式に参列。涙で生徒の名前がなかなか読めない先生、その先生を励ますかのように大きな声で返事をする生徒達。私自身が卒業した頃とは世の中のいろんな事が変わったように思えますが、驚くほど変わっていない風景も。
 ふと気がつくと先生達も私よりもずっと若い。全く場違いなところから俯瞰してしまっているような、もう時間の後戻りは無いことを実感。book




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

ミゾソバ2010

 タデ科の花も、どれを撮っても楽しいです。
 色も形も素朴ですけど、マクロ撮でこそ出会える可憐さがミソなんでしょね。
2010_12_10

露光時間 : 1/250 (秒)
レンズ F 値 : F5.0
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/11/03 12:58:30
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)
露出モード : マニュアル
ホワイトバランス : オート
撮影の形式 : 標準


 カワセミとり撮りに出撃するも、完全なスカでした、この日。

 金星探査機「あかつき」は金星の周回軌道に乗れず、残念。失敗を乗り越えるには、何かでまた成功するしかないっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.22

クコの実

 クコが実になっていました。ぷりぷりのてかてか。

2010_11_22
露光時間 : 1/800 (秒)
レンズ F 値 : F3.2
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/11/20 09:10:08
レンズの焦点距離 : 50.00 (mm)


 なんだかexif情報が少ないと思ったら、カメラの機種名が表示されないですね? あれ?

 都合が許す限りカワセミ撮影には出向いているのですが、ちっとも撮れません。思うに、今年も昨年も事故的な大雨が一度ならずありましたので、営巣がうまくいかなかったのではと想像しています。
 まあ、またいつかは撮れると信じて頑張るびー。freedial

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.18

クコ

 クコというと朱色の実の方が知られていますが、花は紫。
2010_11_18

露光時間 : 1/2000 (秒)
レンズ F 値 : F3.5
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/11/06 10:38:48
レンズの焦点距離 : 50.00 (mm)


 シグマの50mm F2.8 マクロ、安心して撮れます。どうしても100mmよりも被写体との距離が詰まってしまいますが、でも、それが100mmとは違う雰囲気を出してくれます。

 EF20mm F2.8 USMを中古で購入してちょこちょこ使っていましたが、5DMk2で撮ると、画像の右側と左側の解像が違うことに気がつきました。これを光軸のずれと言うのかな? センター付近は問題無かったのですが、左側の三分の一くらいの解像が右と比べて甘い、、。
 サービスセンターに出して3日か4日ほどで戻ってきて、画像確認すると、左の甘さが改善された代わりに、右は甘くなっていました。(^^; 決して調整不良という訳ではなく、おそらくこのレンズの本来の姿だと思います。6000円也。そう言えば、購入後にフードも買い足したので、結局新品とそんなに違わない出費になってしまいました。
 このレンズ、F11まで絞っても周辺が甘い。私は持っていませんが、評判のいい17-40mmや16-35mmのIIの方が周辺まできちっとしているようです。ただ、センターはとてもシャープですし、色味が涼しげでクリアな感じ。あと、写りには関係ありませんがソリッドな質感も、まあまあの評価になる理由なのでしょうね。 1992年の発売ですから、そんなに古くはないものの、アンティーク的な感じが良くて、私も手放すことはなさそうです。spa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.08

マルバルコウ

 カワセミを撮りに行ってもタコタコです。

2010_11_08
機種名 : Canon EOS 5D Mark II
Digital Photo Professional
露光時間 : 1/250 (秒)
レンズ F 値 : F4.0
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/09/26 11:53:12
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)

 この秋のかかりに撮ったマルバルコウです。
 5DMk2にもすっかり馴染みました。性能を考えるとお値段も手頃で人様にも十分オススメ出来そうです。
 デフォルトだと、ノイズリダクションやらオートライティングオプティマイザやら、わさわさと仕掛けがありますが、そのあたりは全部とっぱらっておいた方が気持ちいいです。
 フルサイズで画素数もまずまずで情報量はたっぷり。やっぱりおっきなディスプレイで見るが大吉。ただ、等倍鑑賞で気分よくなろうと思ったら、やっぱりISO100に落ち着いてしまいます。等倍でなく、数パーセントだけでもサイズを詰めて鑑賞すればいいのかもしれませんが、このあたりは1D系がリードなのかも。

 最近、EF50mmF1.8 IIにはまっています。購入して最初の頃は、なーんの印象もありませんでしたが、私の玉はずいぶん前ピンだったようで、マイクロアジャストメントでピント位置を押し込んだらば、あらびっくり!すんばらしい!
 部屋の中でのポートレート以外では、ただのヒョージュンレンズなのかもしれませんが、開放からF4までのポートレートはとても気持ちいいです。F1.8の開放でもセンター部はシャープというか、周囲のボケからセンターに向かって立体的に解像する(?)、なんかそんな感じです。(^^;
 五角形のボケが「ダメ」という声もありますが、いえいえ、主張があって、とてもかわいいです。ほら、日本文化が誇る「マンガ」でも、きらきらさせるときは☆マークですし。撒き餌レンズ、恐るべし。
 さて、そうなると欲しくなるのがEF 50mm F1.2 L USMなのですが、いくら絞ってもしゃきっとしないとか、絞るとピントが来なくなるとか、厳しい評価の方が目に付きますねぇ、、。F1.4は素晴らしい評判ですが、もしそちらをゲットしても、絶対にその上のF1.2が欲しくなるのはみえみえですしね。うむむ。typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.01

キスミレ

 GWに、阿蘇にて。

2010_06_01

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
SILKYPIX(R) Developer Studio Pro 4.1.34.0
露光時間 : 1/3200 (秒)
レンズ F 値 : F3.5
露光制御モード : 絞り優先
ISO 感度 : 200
画像撮影日時 : 2010/05/01 10:36:18
レンズの焦点距離 : 35.00 (mm)


 こらえきれずにぽちっと行ってしまったEF35 F1.4ですが、135mmのような細い線ではなく、どっしりとおおらかな、明るい気分の線を出すレンズ。
 感動は135mmの方がドラマチックですが、AV設定だろうがP設定だろうが、緩めのボケの中にコントラストかっちり浮かぶ被写体は、どんなにへまをして撮ろうともきちんと主人公になってくれる、そんな感じのわっはっはレンズ。(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ←ちょっと違う

 阿蘇山、どのシーズンに行ってもいいところ。やまなみハイウェイから大観望、米塚経由で中岳の噴火口は定番のおすすめルート。まだまだ行きたいポイントがあるなあ。そうそう、にゃんこ好きな方には、カドリードミニオンの猫達がかわゆいです。
2010_06_01_2
 撫でてやると、ふぎゃーと不穏な表情が、怒ってるんだか喜んでいるだかわからないコイツ、一番いい感じでした。leo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.23

ホタルカズラ

ほうたるー。

2010_05_23

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Adobe Photoshop CS4 Windows
露光時間 : 1/400 (秒)
レンズ F 値 : F3.5
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/05/03 13:53:01
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)


 GWに平尾台へ行ったときに撮。1cm強はあると思いますので、さほど小さな花ではありません。
 散策途中で縦穴タイプの鍾乳洞に入りましたが、今度はじゃぶじゃぶ歩ける方に入ってみたいです。

 せっかくPhotoshopを購入しているので、Elementsは使うまいと思いつつ、どうしても画像閲覧時にPhotoshop付属のBridgeでは全画面表示が出来ない、。
 結局、Elementsも再インストールすることになりそうです。どうしてElementsで出来ることがPhotoshopで出来ないのか不思議ですが、これもAdobeの戦略?camera

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.26

キュウリグサの花

 巣穴掘りで忙しいカワセミに代わって、おかしのようなこんな花。

2010_04_26

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Digital Photo Professional
露光時間 : 1/320 (秒)
レンズ F 値 : F5.0
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/04/25 12:44:04
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)

 この季節、とても身近に咲いていますが、あまりに小さくて気がつかれることは少ないかもしれません。

 EF100 F2.8 マクロですが、LのIS付きに乗り換える方が多いために、中古市場にはこの非ISモデルがたっぷり出回ってよりどりみどりの様相ですね。でも、開放周辺の色収差さえ愛せてしまう不思議なレンズ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.29

レンゲ

 住まいから近く、小さな田んぼにて。
2010_03_29

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Adobe Photoshop CS4 Windows
露光時間 : 1/400 (秒)
レンズ F ?? : F2.8
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/03/28 15:18:02
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)


 花マクロも、いくら撮っても飽きないですね。ごく身近なのに花自体がとっても神秘的ですよね。
 実家の庭にはいろんな植物が植わっていました。今はその大半がなくなってしまいましたが、庭のどこにどんな花が咲いていたか、よく覚えています。ちょっと切ない気もします。マサキ、キンマサキ、ミツバアケビ、本アケビ、柿、桃、サンショウ、木蓮、金柑、木瓜、ツゲ、夏ミカン、山茶花、椿、牡丹、シャクヤク、ライラック、千両、万両、ユキノシタ、アサガオ、松葉ボタン、水仙、チューリップ、エトセトラ、エトセトラ。
 ひからびた蛙やトカゲ、なんだか芸術的な格好でしたが、それがモズのはやにえだと父から教わりました。でも、当時、そのモズが一体どんな鳥なのか図鑑をみてもちっともぴんと来なかったです。昆虫や草花、動物にどんなに興味がわいても、鳥というのは手にとってみることが出来ないためか、とても縁遠い生き物に感じていました。
 その父が、「カワセミ、それはそれはきれいな鳥だ。」と教えてくれました。40年前ですね。その言葉がずっと頭のどこかに残っていた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.22

オオイヌノフグリ

 野に咲く小さな花。春になれば、どこでも見かけることが出来ますね。

2010_03_22

機種名 : Canon EOS-1D Mark IV
Adobe Photoshop CS4 Windows
露光時間 : 1/400 (秒)
レンズ F 値 : F4.0
ISO 感度 : 100
画像撮影日時 : 2010/03/22 10:32:01
レンズの焦点距離 : 100.00 (mm)


 暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、今日のフィールドは寒かったです。寒がりの私は真冬と同じ厚着をしていました。
 でも、日射しの角度はずいぶんと日中は高くなりましたね。足元の影が短いです。
 昨日、今年初めてツバメを見ました。小さな体で今年もよくぞやってきたものです。もちろん、カモだってツグミだって渡りの鳥は少なくありませんが、ツバメは身近なところで巣を作るので、より親近感が湧きますよね。
 今年も巣から溢れそうな雛たちにあえるんだろうな。chick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

カワセミ | 日記・コラム・つぶやき | | 野鳥